BEAGLOBE β1 | ビーチボールや紙風船製作、正距円筒写真編集に - BEAGLOBEとは
日本語 /  ENGLISH
トップ BEAGLOBEとは 事例紹介 球体の作成・編集 ギャラリー お問い合わせ

BEAGLOBEは何のサービスですか?

BEAGLOBEは、画像を球体に貼り付けたいときに便利な無料ソフトウェアです。

通常、平面画像を球体に貼り付けた場合、両極で大きな歪みが発生する問題があります。


(a) 貼り付け元の画像

(b) (a)をそのままテクスチャとして用いた球

3D球体上に絵・図・画像を貼り付けるためには、展開図やテクスチャを作成する必要があり、
そのためには最終的な3次元球体をイメージしながら2次元平面上に描く必要があります。

しかし、実際には2次元と3次元を同時にイメージしながら作成することは非常に難しい作業です。


(c) BEAGLOBEで画像を貼り付けた球

(d) (c)で用いているテクスチャ

手に入れたいのはイメージ通りの球体ですので、はじめから、3D球状のキャンバス上に描画して画像を作成すれば、
2次元と3次元を行き来しないで望みの3D球体を手に入れられます。

BEAGLOBEでは、360度全方位パノラマ写真である正距円筒写真や球状マップ(スフィアマップ)の環境テクスチャなど
正距円筒図法の画像を、球面に貼り付けた状態で確認しながら作成・編集することができます。

BEAGLOBEはどんな機能があるのですか?

BEAGLOBEの機能として、以下が挙げられます。

1. お好きな画像を簡単に3D球に貼り付けられます。

2. 文字・図形を歪まずに書き込めます。

(※通常の画像編集ソフトでは赤道付近以外に文字を書くことが困難でしたが、BEAGLOBEでは両極に書いた文字も歪みません。)


(e) 通常の平面画像での文字

(f) (e)を球に貼り付けた場合

(g) BEAGLOBEで作成した球上の文字

3. アイコンなどの画像を挿入できます。

4. お好みの画像より生成した球体の展開図・正距円筒図法のテクスチャ画像をダウンロードできます。

BEAGLOBEは何に使えるのですか?

1. BEAGLOBEで生成した球体の展開図をプリントアウトすることにより、ビーチボールや紙風船等の型紙・版下の作成にご利用いただけます。
(BEAGLOBEでは、ビーチボールや紙風船の展開図である舟型多円錐図法を用いています。)

2. BEAGLOBEで生成した画像は、多くの3Dソフトウェアのプリミティブ型スフィアのテクスチャとして、
そのまま組み込んで利用することが可能です。

3. 球体のデザイン・イラストレーションツールとしてお使いいただけます。

まずは「球体の作成・編集」ページで、お気軽にお試し下さい。

©2017  Beagle Science Corp.